医療機関の勤務環境改善

医療機関の勤務環境は改善が進んでいる

様々な医療機関では働いている医療スタッフの過酷な労働状況などが取りざたされており、医療現場から有資格者であるスタッフがどんどん離れているといわれています。
このような現状を受け、それぞれの医療機関では勤務状況の改善に取り組んでいるようです。
とはいえ取り組んだからといって簡単に改善できるものではなく、やはりそれなりにスタッフが必要であることやその他にも様々な体制を整えていかなくてはなりません。

具体的にどのような取り組みが行われているのかを考えてみると、スタッフ1人1人が勤務する時間を短くするといった方法や収入をアップするといった方法がメインになっています。
スタッフが少ない、そして収入も少ない、さらに過酷な労働状況の中では現場を離れたくなってしまうのは当然でしょう。
そういった状況の中で少しでもスタッフが現場にとどまってくれるようにと、医療機関側では色々な対策を練っているようです。

一時に比べると、こうした改善によって労働状況も公転しているようですが、まだまだ満足のいくような状況ではありません。
体を酷使しながら働いているスタッフも多く、その反面で有資格者でありながら過酷な状況に飛び込んで行くのが嫌で息を潜めている方々もいます。

細かなローテーションを組むことが大切

過酷な労働状況は改善していくために最も大切なのは、細かなローテーションを組むということになるでしょう。
大雑把な二交代、三交代というローテーションだけではとても人手不足を解消することはできません。
二交代や三交代であっても丸一日2日とお休みを取ることができなければ、スタッフ自身が体を壊してしまうことになります。

またそれぞれでご家庭の事情などがあるため家族との絆を深めるためにも、ある程度の休息は必要になります。
常に仕事の事が頭から離れず、休んでいても気持ちがゆっくりできないという状況は現場にいなくとも、仕事に縛られていると言えるでしょう。
そのため、出来る限り細かなローテーションを組んで、午前、午後で分けること、さらに夕方から夜間、夜間から明け方などと時間を区切りながら働いてくれるスタッフを探していくことが最もニーズに見合っていると言えます。

まだまだこのようなローテーションを組んでいる医療機関は少ないですが、それでも夜勤専従で働ける、または日勤専従で働けると言った医療機関が増えてきたようです。
またこういった現状から少しずつですが、それならばと明るく言う資格者が増えているのも事実 。

足りないから働くのは当たり前と言わない

少し前までの医療機関というのは深刻な人手不足の影響もあり、人手が足りなければ働いているスタッフが無理をしながらでも働くのが当たり前と言われていました。
しかし現在ではこのように考えている医療機関は少なくなっており、看護師をはじめとして医療スタッフとして働く有資格者の空前の売り手市場となっています。

そのため人手が足りない医療機関で働くというのは非常に感謝されることであり、お休みや収入に関して多少のわがままが聞き入れられる時代となりました。
もちろんこれを逆手にとって悪用してしまうのはよくありませんが、今までは過酷な状況の中でストレスを抱えていたスタッフでも自分の中で働きやすいと思える勤務先に、思い切って転職するチャンスではないでしょうか。