看護師等免許保持者の届出制度

看護師等免許保持者はどんどん届出をしましょう

看護師の資格を保持している方は、いま現在現場で働いていてもいなくても都道府県ナースセンターに必要事項を届け出ることが求められています。
これは法律的に義務付けられているものではありませんが、あくまでも努力義務化という形で施行されました。
2015年の10月に施行されたものですが、医療介護総合確保推進法成立に伴った内容になっています。

この届出制度というのは病院などを離職して、今現在は従事していない有資格者が対象になっています。
また届け出る内容に関しては氏名や生年月日および住所その他にも、電話番号やメールアドレス等の連絡先がメインとなります。
またこの他には看護師籍などの登録番号や登録年月日就業に関しての状況などを届け出る必要があります。

さらには職歴や離職年月復職をする意向について、そしてナースセンターが行う無料職業紹介への登録希望というものになっています。
これは日本看護協会でも公式ホームページに記載されている内容となっており、届け出る方法はも本人だけでなく離職する際にそれまでの就業先が本人に代行して届出をすることも可能になっています。

潜在看護師は宝の持ち腐れ

上記のような届出制度が努力義務化された裏には、看護師などの人手不足が関係しています。
様々な環境がある中で有資格者が医療機関などに従事していないケースが多くなりました。
多くの医療機関では人手不足によって診療が行えなくなってしまうことや、さらには有資格者でありながら働きたいのに働けないという状況の悪循環が生まれています。

このような状況は少しでも打開するために設けられた制度といえるでしょう。
専用の届け出サイトがあり、こちらに届出を行っていくことによって就業したいと思ったときの復職先などをスピーディーに見つめる見つけることができるようになりました。
資格を持っていながら医療に従事しないというのは宝の持ち腐れと言っても良いほど、もったいないことになります。
もちろんそこには各々での理由がありますが国家資格は取得するためにはそれだけ努力をしているわけですから、持ち腐れではなく少しでも活用していく方が良いでしょう。

専門の求人サイトなら無理せず働けます

上記の通り届出制度が施行されたことによって、努力義務と言われても届出をしたくないと考えてしまう方もいるでしょう。
また、反対に届出をすることによってナースセンターから職場を無料紹介してもらえるといったメリットのために届出をする方もいるのではないでしょうか。

もちろんこのような制度を上手に活用していくことによって、働きやすい状況を作っていくことはとても重要ですが、それ以外にも今現在宝の持ち腐れになっている資格を活用する手立てがあります。
それは看護師なら看護師専門の求人サイトを活用するということです。
短時間勤務で良いというものから派遣勤務で良いと言うものまで様々な求人情報があり、一般的な求人広告などでは到底見つけることができない内容が羅列されています。

今までは勤務形態などが不安に感じて復職できなかったという方でも気軽に復職できる環境が整ってきました。
登録制度を活用するとともに、専門の求人サイトも同時に活用しながら自分にピッタリの職場を探してみましょう。